人には言えない・聞けない男女にまつわる大人の雑学ブログ

ノーパン女子にその理由を聞いてみた!「なぜあなたはノーパンで出歩くの??」


あなたの近くにはいませんか?

“ノーパン派女子”

意外にも多いと言われているノーパン女子は
その理由も様々。
今回はノーパン女子がノーパンである所以をまとめてみました。

と、その前にパンツの歴史を少し紐解いてみましょう。

昔はみんなノーパンだった!?
今でこそパンツを履くことが常識になっている我が国ですが、
かつてはパンツを履かずに外出することが普通だった
ということをご存じでしょうか?

和服を着ることが多かった昭和初期までは
女性にとって下着はパンツではなかったのです。
つまりどこもかしこもノーパン女子に溢れていたということです。

パンツを履くきっかけになったとのは白木屋火災!?

しかし、悲劇が起きます。
女性がみなパンツを履くようになったきっかけと言われているのが、
1932(昭和7)年東京日本橋で起きた百貨店・白木屋(現在は閉店)の火災事故です。
当時パンツを履かずに和服を着ていた女性従業員たちは、
火災中のビルから避難する際に服がめくれて
下半身が露出してしまうことを避けるために裾を押さえた結果、
避難するロープから手を離してしまい転落死を遂げたといいます。

この惨事がきっかけとなり、
日本では女性がパンツを履くことが一気に広まったといわれています。

しかし、これは真っ赤なウソ。

だということが、
その後発表された井上章一氏の著書
『パンツが見える。ー羞恥心の社会史』(朝日新聞社)
にて検証されています。
この本によると、日本で女性がパンツを履くようになったのは、
元々、女性の貞操を守る「貞操帯」の役割が強いとされています。
※貞操帯…性交や自慰ができないようにするために使用する鍵付きの金属製下着。

その後、パンツを履くことが一般的になってからは
「パンツを見られると恥ずかしい」という羞恥心が生まれ、
女性のあいだで広まっていったそうです。

前置きがかなり長くなってしまいましたが、そろそろ今回のメインテーマ。
ノーパン派女子がパンツを履かない理由でございます~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

「ここ1年間でパンツを履かずに外出したことがある女性」にその理由を伺ってみました。では張り切っていきましょう!

mika

★おもらし
・パンツをある理由で濡らしてしまったから(22才・兵庫)
“ある理由”というのが非常に気になりますねぇ。
・この年になってやってしまった…(29才・石川)
29才でおもらしというのも、男性的にはアリですよぉ。気にしない!
・もらしてしまってトイレでパンツを捨ててから、ノーパンドライブで帰宅(33才・静岡)
捨てるなんてもったいない!! 今後は恵まれない男性に寄付してください。
★好奇心から
・ノーパンで外出したらどんな気分なのかと思ってやってみた。(23才・埼玉)
で、どんな気分だった? 埼玉はいい街だなぁ。
・ゾクゾクした気分を味わいたかったから(56才・東京)
熟女のゾクゾクは半端なくエロさを感じますねぇ。
・大切な人から「試してみなよ」と言われて(59才・福岡)
このお年で「試してみなよ」という男性も“どうかしてるぜっ!”
★忙しすぎたから
・日常があまりに忙しすぎて、気が付いたら履いてなかった(44才・神奈川)
ちょっと待ってちょっと待ってお姉さん♪ そんなことってありますのん?
・お風呂上りにパンツが見当たらなくて、面倒で履かずに寝て、そのまま出かけた(25才・埼玉)
やっぱり埼玉っていい街ですねぇ。そうだ、埼玉へ行こう。
★ノーパン健康法
・坐骨神経痛が痛かったから(54才・埼玉)
パンツ履かないと治るの・・・?
・開放感の一言(59才・大阪)
それって健康法か? そのお年では正直開放はお控え願いたいm(_ _)m
・夏、ジーパンが暑苦しかった(65才・千葉)
なら、ジーパン履くな!

女性たちからの回答のなかにはほんまかいっ!!とついツッコんでしまいたくなるものもたくさんありますが、女性からするとたかがノーパンじゃないか。
というレベルのようです。

男性からすると鼻息荒く「ノノノ、ノーパン!!!!!」って
なることを女性のみなさんには是非知っておいてもらいたい。
男性をむやみやたらに興奮されるものではありませんよ。


関連記事